ラボ開発とは

一定期間において一定の要員を常に確保する契約です。お客様専属の開発チームを海外に用意します。安定で長期に発展するオフショア開発形態です。

メリット

  • 専属の優秀な人材が確保できる
  • ノウハウが蓄積ができる
  • 開発体制を作り上げることができる
  • 指示の変更、管理が自由に行える
  • 開発から保守まで自由にチームを使える
  • 要求仕様や設計書の確定が必要ない
  • 見積りをせずに迅速に開発または次の開発に入れる

デメリット

  • 体制を作るまでは時間がかかる(約2月)
  • チームを確保するため、仕事がなくてもコストが発生
  • 大規模なプロジェクトに迅速に人を集合するのが困難

ラボ開発:翻訳/通訳を利用する体制

パターン1
chart 1
  • 契約により翻訳/通訳の担当者とSEとチームメンバーを確保し、手配します。
  • お客様のSE/PM担当様がSKYPEやChatworkやslackなどのツールで翻訳担当の経由にSE(プロジェクトリーダー)とコミュニケーションをとって行きます。
  • 開発プロセスはお客様の決定に沿います。指定なければ、弊社の基準プロセスをご提案します。

ラボ開発:BRSEを利用する体制

パターン1
brse char 1
  • 契約によりBrSEとチームメンバーを確保し、手配します。
  • お客様のSE/PM担当様がSKYPEやChatworkやslackなどのツールで弊社のBrSEとやり取りをしながらプロジェクトを進めます。
  • 開発プロセスはお客様の決定に沿います。指定なければ、弊社の基準プロセスをご提案します。
パターン2
brse char 2
  • 契約によりBrSEとチームメンバーを確保し、手配します。
  • お客様のSE/PM担当様がベトナムに出向し、直接に弊社のBrSEとやり取りをしながらプロジェクトを進めます。
  • 開発プロセスはお客様の決定に沿います。
  • 指定なければ、弊社の基準プロセスをご提案します。
パターン3
brse char 3
  • 契約によりBrSEとチームメンバーを確保し、手配します。弊社のBrSEが日本に出向し、直接にお
  • 客様のSE/PMとやり取りをしながらプロジェクトを進めます。
  • 開発プロセスはお客様の決定に沿います。
  • 指定なければ、弊社の基準プロセスをご提案します。

ラボ開発:導入フロー

STEP1

手軽にご相談
  • ① 営業担当までお問い合わせ頂きます。
  • [email protected]
  • 080-4252-2909
  • ② ご希望を聞かれたうえ、ご提案します。

STEP2

契約
  • ① 契約
  • ② 必要人材確保
  • ※ まだ不安の場合、契約の前に、パイロットプロジェクトで試し、うまく行けばそのまま契約に移行します。

STEP3

ラボで開発
  • ① 御社は専属のBrSE経由で プロジェクトの開発を進めます。
  • ② 弊社は人事・労務・勤怠を管理します。
  • ※ PC、MAC等弊社のほうで用意します。特別な器械の要望がありましたらご用意頂きます。

どんなことでもお気軽にご連絡ください。
メールアドレスをクリックすると、お使いのメールソフトが起動します。

チームメンバー役割と料金

ポジション
勤務時間
役割

01

ブリッジ
エンジニア

BrSE

~160h/日

仕様理解、基本設計作成、詳細設計作成、ソース
コードレビュー、チーム指導・管理、品質管理。

02

システム
エンジニア

SE

~160h/日

仕様理解、基本設計作成、詳細設計作成、ソース
コードレビュー、チーム指導・管理、品質管理。

03

インフラ
担当者

NE
Network engineer

~60h/日

インフラに関してのサポート

04

通訳担当者

CM
Communicator

~60h/日

資料翻訳、テキストチャット翻訳。

05

テスター

QA/Tester

~60h/日

BrSEと連動して仕様分析。
テストケース作成、テスト実施。

06

プログラマー

PG
Programmer

~60h/日

コーディング、単体テスト。

images 1
images 2
images 3

どんなことでもお気軽にご連絡ください。
メールアドレスをクリックすると、お使いのメールソフトが起動します。